加工方法を決める
プリント・刺繍・デジタル転写など
商品にあった加工方法をお決めください。
お客様のご希望イメージにあった仕上がりを各加工方法からお選びいただけます。
※商品ごとに対応できる加工法が異なります。
シルクスクリーンプリント
プロ仕様の美しい仕上がりです。
一般的にプリントされている方法で、1色ごとに版を制作してTシャツなどに直接プリントする印刷のことです。
特 徴
● 色あせが起こりにくく、洗濯後の耐久性があります。
● インクの種類が豊富にありますので、特殊なプリント(発泡やラメなど)の様々な表現が可能です。
● 濃色のボディに沈みがちな薄い色も、発色よくプリントすることができます。
● プリントする色ごとにそれぞれ版が必要です。
プリント工場での作業
転 写
色数の制限がないのでフルカラー表現に最適です。
生地に直接プリントせず、一旦他の紙(転写紙)やフィルム(転写フィルム)に印刷して
プリントする方法です。写真などの表現に適しています。
刺繍・刺繍ワッペン
独特の立体感、高級感があります。
種々の糸を用い、布地の表面に絵や模様を縫い表します。
直接刺繍により、高級感のある表現ができます。
また、ワッペンタイプにすることで立体感が得られ、直接刺繍が難しい位置へも加工が可能になります。
インクジェット
プリント面の柔らかな風合いが特徴です。
生地に直接プリントする加工方法です。製版が不要のため、多色やフルカラー印刷に最適です。
微細なドットで柄を表現するため、写真やグラデーションの再現に適しています。
また縫製部分にまたがる印刷も可能です。